Oct 17 23:46, Tokyo

今朝は娘はご機嫌で、保育園にも機嫌よく行って、僕の手から離れて自然に先生のところに遊びに行った。

僕は本郷に行く。途中、喫茶店でコーヒーを飲みながらカスタードを挟んだクロワッサンを食べる。家でも朝ごはんを食べたから、お腹が膨れた。

学校では、まず、先月末に岡山でやった講演のスライドの英語版をつくった。というのは、明日、筑波大の数学科で同内容でセミナーを頼まれて、聴衆がほぼ全て日本人だから日本語でやってくれということではあるのだが、その依頼をくれた ? 本人は英語が母語なので、せめてスライドは英語にして彼にも内容が良く伝わるようにしたいと思ったのだ。

これが思ったより時間が掛かって、三時ごろまで費やす。ちょっと休憩した後、気分転換に総合図書館の地下の広場にはじめて行ってみて、そこで講義録の編集をすこしする。

夕暮れの中、自転車で帰宅。

今晩も娘は「うまく眠れない」といいはじめた。昨日とは違って、トントンするだけではダメだったが、足をバタバタしはじめたので、その足を持ってのんびり屈伸してやると、気持ちよかったのか、眠ってくれた。これで午後十一時である。


Oct 16 23:56, Tokyo

秋の朝顔。

昨日はまず保育園に娘を連れてゆき、そのまま歩いて本郷まで行く。

総合図書館で本を返却、一冊書庫から堀越「回想のヨーロッパ中世」という本を借りて、講義に向かう。

今日は群論の講義の一回目。群、同型、部分群を定義、3次元の回転群の有限部分群の分類まで。分類の証明は概要のみ。

その後は赤門横のキャンパス内のカフェでお昼のスパゲッティを食べる。

そうして素研にお邪魔して、パソコンを開いて金曜寝る前にやった計算をタイプ、共同研究者に送る。

また、? くんに色々質問されたので答えようとするが、このあたりの件は最近は ? くんのほうが僕より詳しいので、僕は役に立たない。

セミナーが始まったが、議論のメールにいくつか返事中だったので、それを終えてから、ふと何のセミナーかなと思うと、超新星と中性子星に関して最近の話の概要をやっていたようで、これは出席すればよかった、と多少後悔する。

夕暮れ、てくてく早足で家まで帰る。

娘はうまく眠れなかったらしく、結局日付が変わって一時ごろまで起きていた。何度も眠りそうになるのだが、目が閉じそうになると急に体を動かしたりしてまた遊びに行ってしまうのである。娘は赤ちゃんのときもこういうことはしばしばあった。

今朝はそれでも娘はいつも通り七時過ぎにぴっかり目が覚める。お腹が減った!というので、パンを焼いて、いつものように牛乳ロイボス茶を淹れる。

そうしてそれを保育園に連れて行き、僕は柏へ。途中、昨日借りた本を読むが、これは素敵な本だ。

柏では昨年早春の集中講義の講義録の原稿に手を入れようと、はじめるが、+ が共同研究の相談に来たり、昼食後は = さんのセミナーがあったり、その後は居室に戻ってパソコンに向かって作業を始めると @ くんと % くんが来たりして、結局殆ど進まなかった。

まあ、それぞれの議論は楽しいし、セミナーも全然追っていなかった話で面白かったから、これはこれでよいのだけれど。

家に戻って、夕食。保育園では娘は普通に元気だったらしい。また昨日のように寝そうになった瞬間に起きようとするのを繰り返しかけたのだが、今日は適切に娘の体をトントンと優しくたたくことで、十時半には寝てもらうことに成功。

部屋の片づけをして、お風呂に入って、講義録の編集が中途半端であったのを最低限キリの良い所まで進めて、そうして二日分日記を書いているところ。


Oct 14 23:59, Tokyo

今日は息子が良く泣く。

兎も角、今朝は僕が娘を連れ出して本郷キャンパスまで行く。三四郎池を散歩しようと思ったら、先だっての台風で折れた太い枝がまだそこここに残っているらしく、色々な所が立ち入り禁止。チェーンソーの音が響き渡っている。北東隅の飛び石から池の鯉をみるだけに留める。

帰り道、御殿下のグラウンドでサッカーの試合をしているのを二人でしばらく観戦。ふと、誰かの手を離れた風船が空に漂っているのに気付いて、娘に見てご覧、といっていると、急に歓声があがって、ボールがゴールに入ったらしい。見逃した。

狐の嫁入りが降ってきたので、娘を抱えて歩いていると、お昼前で眠くなった娘は寝てしまう。家に戻るとぱちりと目が覚めて、奥さんのつくってくれていたうどんで皆で昼食。

その後は奥さんのご両親が来てくださり、娘を別の場所に連れ出してくださる。僕はしばらく昼寝をしたあと、奥さんと息子とで買い物に出掛けた。

日が暮れて、家に皆戻ってきて、一緒に夕食。


Oct 14 00:23, Tokyo

午前中は保育園の運動会。外は肌寒いが、体育館でやるので中は暖かい。

娘が段ボール箱の中に座ったものを親がひっぱるというよくわからない競技に参加。大きな輪っか二つを紐で ○-○ のようにつないだものの片方の輪を娘が掴んで、こちらはもう片方の輪を持って引っ張る。

しかしそれよりも年長さんのお遊戯の発表に感心する。うちの子もあと数年であんなことが出来るようになるものか。

また、これまで保育園には息子をつれていく機会がなかったので、先生方やお友達の親御さんに紹介したりもする。終わったあとは、うちに戻って、見にいらしていた奥さんのご両親も一緒に昼食。

その後僕は眠気に勝てず三時ごろまで昼寝、息子も隣で寝ていたらしい。その間奥さんが娘を連れ出してくれていたようで、途中から娘もベビーカーで一時間昼寝したそうである。二人が帰ってきた所で目が覚める。あとで気が付いたことだが、携帯に奥さんからの着信履歴が何度もあった。ぐっすり寝ていて全く気付かなかったらしい。

兎も角、その後は僕が娘を外に連れ出して遊ぶ。少し離れた児童館に行きたいというので、三輪車にのってもらってのんびり行くが、着いたらちょうど四時の閉館時間。しかたなくまずは持っていったおやつを食べて気を取りなおす。

その後はなかなか良いと聞いていたが行ったことのなかった公園まで行く。はじめての遊具が沢山で、娘は大喜び。日が暮れて暗くなるまで遊ぶ。

家に戻って夕食、お風呂。娘は一日遊び尽くしただけあってすっと寝た。

誕生日に奥さんに買ってもらった CD セットが届いていたので、開封、小さな音で掛けて奥さんと二人で聞いた。グールドが 1955 年のゴールドベルク変奏曲を録音した際に、本人が気に入るまで何度も何度も弾き直して撮り直してある、その様子を全部記録したもので、著名なピアニストがミスをしたり練習をしたりしているのを聞くのはなかなか面白い。


Oct 12 23:44, Tokyo

不思議な空。

今朝は娘はまあご機嫌で保育園に行ってくれた。今日は柏の葉につくまでコーヒーを待てないと思ったので、まず熱いカフェラテを買ってから出発。最近はどのコンビニにもコーヒーマシンが置いてあるようになったから有り難い。

柏の葉の駅では * 先生に遭遇、学校まで雑談しながら歩く。

あちらでは数通メールをかいた後、昨日の考え事のつづきをしようと、論文を読んで何を計算するかを決め、ノートに向かう。

そうするともう昼食の時間になって、数学のポスドクの ? が部屋まで来る。今日はいつも一緒に昼を食べるポスドク連中の大部分が健康診断に行っているらしく、僕と彼しか居なかった。というわけで、キャンパス端の鮨屋まで行って日替わり海鮮丼を頼む。聞いたことのない魚が乗っていた。名前を覚えていれば良かった。

兎も角、海鮮丼を食べながら議論をする。その後居室に戻って、さて計算を再開しようと思うと、+ が来たので、彼との共同研究の話をする。

そうすると教員会議の時間になったので、そちらに出席。うちの研究所でこういう会議があるのは非常に珍しい。それが終わって、しばらく $ さんと雑談する。すると、お茶の時間になったので、お茶飲み場に降りる。

= さんを見かけたので、彼がやることになった一般向け講演についてちょっと話す。

その後は、@ くんが来ていたので、彼の話を % くんと一緒に聞く。

そうするともう家にかえる時間である。いろいろ議論はしたが、自分の研究の計算はすすまなかった。まあしかし、図書館に本を返して、家路に着く。

お茶の時間にお菓子を食べそびれたので、柏の葉の駅まで歩いた段階で小腹が空いた。ららぽーとで鯛焼きを買って食べる。

風呂上がり、娘が僕に保育園で描いた絵を見せてくれるというので一枚見せてもらうと、「まだあったのに他の絵が無い」と大騒ぎになった。お風呂のまえに僕が片づけをしていて、間違って絵を一部捨ててしまったと判った。もう集合住宅のごみ捨て場までごみ袋を持っていってしまっていたが、なんとか発掘。幸い、紙のごみだけを入れたごみ袋だったので、絵は無事だった。娘も機嫌を戻した。

その後、今晩は娘も息子もすっと眠ってくれたから心が穏やかである。ちょっと計算をしてから寝ようかと思う。


Oct 12 00:24, Tokyo

今日は僕は身体検査。朝起きて検尿を取って容器に入れてトイレから出てくると、娘が「きれいだねー」と言って僕の手から奪おうとする。いつごろからこういうことに関して恥じらいが出るのであろうか。

娘は楽しく保育園に行った。僕は柏へ行く。講義録を書くのの続きでもしようかと思っていたが、しばらく自分の研究を何らしていなかったので、ちょっとそちらを考えてみることにする。

一時半から身体検査、二時半まえには終わって、遅い昼食。

その後は ? くんとすこし雑談していると、 * くんが現れたので、三人で少々雑談。

一日で研究がすすむわけもなく、考え事をしながら柏の葉の駅まで戻ってくると、ポスドクの + とホームで一緒になった。ふと彼の手元をみるとビールの缶が握られている。祝いたいことでもあるのか、それとも忘れたいことでもあるのか、と聞いたら、両方だね、科研費の書類をやっと書いたから。という答え。

電車の中で、ほろ酔いの彼から n 圏の話を聞くが、難しい。

今日は娘は寝る前に三十分強「うまく眠れない」といって泣いた。ときどき起こるのだが、こうなると奥さんが構ってあげないとどうにもならず、僕が寝かせようとすると逆効果になって、横で見ているしかない。せめて息子を抱いて寝かせようとするのだが、こちらもなかなかうまく眠ってくれない。結局奥さんが子供二人を同時に寝かせることになる。無力だ。


Oct 10 23:42, Tokyo

夕暮れの空。

今朝もまずは娘を保育園につれてゆく。今日は全般に機嫌が良かったように思う。

そうして僕は柏へ。

一日論文の手直しに費やす。記法を変えることにしたのだが、全置換するわけにもいかず、はじめからおしまいまで読み直しつつ、作業をする。通して読み返すことになったのは悪い事ではない。

そうすると帰る時間になった。

家に戻ると、息子が大泣きしている。どうもうまく昼のあいだ眠れなかったらしい。まあしかし、我々の夕食後には何とか泣きやんで、その後はぐっすり寝ている。

また、今日の昼に業者が来てついに建物の受水ポンプを修理したそうである。お陰でここしばらく僕らを悩ませていた騒音はすっかりおさまって、静かな夜がやってきた。


Oct 10 00:04, Tokyo

季節外れの綿毛。

昨日の月曜は休日、徐々に気温が落着いて秋が戻ってきた。

朝は娘と公園に遊びに行く。昼はカレー。その後は奥さんのご両親がいらして、奥さんと一緒に娘を近くのお祭りに連れてゆく。その間僕は少々休憩。その他、近くで売りに出ていたマンションの部屋を見に行くなど。最近は高騰していて手が出ないのであるが、見るだけならお金はかからない。

娘は連日遊びに遊んだので疲れたのか、夜はすっと寝てくれた。

今日の火曜は平日。まず娘を保育園に連れてゆく。連休明けだからだろう、先生に渡そうとすると随分泣かれてしまった。

しかし僕は学校へ行く。あちらではまず午前中は推薦状をさらに一通書く。

昼食はすこし遅く行ったら、@ さんと ? さんがいらしたので、最近の swampland conjecture に関連した雑談をする。

その後は # のセミナー。その後は居室でぼんやり考え事をしていると、* さんがいらして、先週の % さんの話をどう思うか、というようなご質問なので、物理の側を解説した。

駅に向かう帰り道、千葉大の農場を通ると、頭上の夕焼け空にトンボのまあ沢山飛んでいること。いつも通りの時間に帰宅。

今晩も息子を抱いたら泣かれてしまったのであるが、ふと「この道はいつか来た道」を歌うと泣きやんで寝てくれた。


Oct 8 00:05, Tokyo

上野公園の蝶。

昨日、今日と台風が日本海を動いているせいか、昨日は 28 度、今日は 31 度まであがって夏が戻ってきたかのようだ。すこし前の週末に衣替えをしてかなり半袖を仕舞ってしまったので、いくつか取り出す羽目に。

昨日の午前中は家族で上野動物園にはじめて行く。

娘に動物園にいくよというと「うさぎをみたい」というのでどうしたものかと思ったが、調べてみると小さい子供用の建物に兎やら鶏やらおなじみの動物のいるところもある。結局今回はそこをのんびり見た段階で、娘がお腹が減ったのと眠くなったのでご機嫌が悪くなり、家に戻ることにした。

動物園の出口を出てしばらくしたところで和菓子屋さんがあったのでどら焼を買って娘に食べさせてお茶を飲ませる。もうしばらくすると僕の肩で娘は寝てしまった。

家に戻る途中にパン屋でサンドイッチを買って帰宅、家に着くと娘も起きて、昼食。

午後はすこしだけ僕は昼寝をさせてもらって、その後は夕方に娘を三輪車に乗せて少し離れた大きめの公園につれてゆく。

以前百均で買ったシャボン玉を二人でやって遊んでいると、まあ通りかかる子供たちの釣れること釣れること。うちの娘よりすこし上らしき元気な子はみな「やらせてよ」というのだが、娘は「いや」という。仕方なく、僕が沢山シャボン玉を飛ばせて、うちの子や他の子に追いかけてもらうことにすると、しばらく楽しく遊んでいる。

日が暮れるまで遊んで、帰宅。夕食は秋刀魚を焼いてくれた。

今朝の朝食の後は、娘と奥さんはホットケーキをつくる。飾りには柿をむいて型を抜いて星形やらハート型など。

昼食前に、奥さんと子供二人を奥さんの御実家に送り届けて、僕は家に戻る。あたりの喫茶店で昼食、あとは部屋を軽く片づけて掃除、といっても、ルンバを掛けただけだけれど。

頼まれたとおり、カレーライスの準備を途中までしておく。夕方遅く奥さんと子供二人が帰ってくる。料理の仕上げを奥さんにやってもらって、皆で夕食。

これまでは息子は僕が抱いてあやすとすぐ寝てくれたのだが、ここ数日どうも僕が抱くとかえって泣いて嫌がるようになった。奥さんや奥さんのお母さんに渡すと大丈夫なので、何が嫌なのやら。


Oct 5 23:42, Tokyo

昨日は天気予報をみるかぎり曇。朝に娘を保育園につれてゆくと、先生に渡した所で随分泣かれてしまった。しかし僕は柏へ行く。

あちらの駅に着いて、いつものように熱いカフェラテを注文していると、外に小雨が降ってきたのが見える。傘を持ってきていなかったのでバスに乗ったが、雨足は一向に強くならず、これなら歩いても大丈夫だった。

あちらでは午前中は相変わらず事務的なことをこなす。昼は # さんが文献紹介で L 関数と二次元 RCFT との関係を話した。その後、参加者数人で生協に行く、この秋から来た数学のポスドクの @ さんとはじめて色々話をした。

その後はようやく $ と = くんとの論文の原稿を書くために時間を使う。途中、$ が部屋に来てすこし議論。

相変わらず曇っているが、雨は降っていないので、大学から駅まで歩く。都心にもどってくると柏の朝と同じ程度の小雨が降っている。

さて今日は雨。まずは娘を保育園につれてゆく。今日は保育園に着いた途端楽しく先生のところに遊びに行ってしまった。

その後は僕は学校を休むことにして家に戻る。

というのは、急にここ数日、住んでいる集合住宅の部屋で一日中遠くで洗濯機の回っているような音がするようになり、夜に息子がうまく寝られなかったりするのである。そこで、今日は、原因究明をし、それがうまく行かなければ、奥さんの実家にしばらく避難しようかということにしたのだ。

といっても、僕のような日々夢を見ているのを仕事にしていると実際の役には立たない。奥さんが不動産屋を含め各所に電話したり、自分でいろいろ確認したり。

僕はそのあいだ、息子の顔をみていたり、論文のつづきを書いたりしていたら、外でお隣さんがうちの奥さんに「確かに最近変な嫌な音がしますねぇ、原因調べているんですか、へぇ」などと言っているのが聞こえたりする。

はじめはエレベータのファンの騒音が反響しているのではないかとも考えていたが、結局、受水槽のポンプが悪くなっているらしいということが分かって、来週はやいうちに何とかなりそうだということになった。

それぐらいの日数で解決しそうだということがわかると、まあとりあえず自分たちの家にとどまる気になった。

お風呂を沸かすと、受水槽まわりをいじったからか、湯船の底にすこし赤錆が溜まった。


Oct 3 23:46, Tokyo

路傍の花。

今日は娘の保育園はおやすみ、大阪からうちの母が来ていたので、遊んでもらうことにしたのだ。

というわけで僕はいつもより三十分ほど早く柏に着いた。

あちらでは今日は推薦状を書くことにする。一日かけて三通かいた。そのうち一通は、以前書いたのを手直ししただけだけれど。

昼食時、来週に体育の日という祝日があると知ったイタリア人ポスドクに、そのあたりに日本では運動会があるんだと説明しようとしたら、そもそも運動会という概念が無かったようで説明に難儀した。無理な組体操をさせて大けがをすることも年に何件かあるといったら、小学校でそんなことをさせるとは、と、目を丸くしている。

図書館にいって、本を二冊借りて、帰宅。


Oct 2 23:55, Tokyo

柏の夕焼け。

今日の気温は秋にもどってほっと一安心。娘を保育園まで連れていくと、今日は楽しく先生のところに行ってくれた。そうして僕は柏へ行く。

研究所の建物に入ると、事務の @ さんが、「あ、立川さん、ちょうど良い所に。」といって届いたばかりの大判の封筒をくださった。

朝は事務的なメールに返事。昼食後は $ くんの面白いセミナーを聞く。また、しばらく # と議論。お茶の時間のあとは + くんとちょっとだけ議論。

帰り道の夕焼けが綺麗な季節である。電車のなかでは + くんとの話について文献を読んだり、考えたりする。

その他、今日やったことであるが、Mac のソフトの MenuMeters の件で問いあわせに対応した。これは大昔からあるツールなのだが、数年前もとの作者がメンテナンスを放棄したのを色々あって僕が引き継いでいた所、先月末の macOS のアップデートに関連して多少問題があったので。これは研究とは全く関係ないが、僕のやっていることの中では一番直接社会の役に立っていると思う。

また、件の封筒の中にはこれまた研究と関係ない仕事の依頼が入っていた。普段は断るのであるが、帰宅後、奥さんに相談すると、これはやったらどうかというので、まあこれは引き受けてもよいものかなという気がしてきた。


Oct 2 00:22, Tokyo

昨晩は台風が関東にもやってきて、暴風。長いこと聞いた事もないような激しい音。

朝起きると青天、気温はずんずん上がって、30 度を越えたらしい。

娘を保育園まで連れていって、今学期の講義の第一回目のため学校まで行く。途中、桜の大木が横倒しになっているのをみた。区の対応はすこぶる早く、僕が通ったときにはもう切り株だけで、チェーンソーの跡が生々しい。

大学構内はそこら中に緑の葉と小枝が散っている。楠の木の下は清新な香りが漂っている。一方、銀杏の木の下は随分臭い。

さて、講義室に入ると、学生さんは一人しか居ない。彼と顔を見合わせて、部屋を間違えたかな、と、学科のホームページを調べると、電車の不通のため、午前中の講義は一律休講になったようだ。「仕方がないね。」「そうですね。」といって僕らは部屋を後にする。

僕は素研のお茶飲み場に行って、まずは午前中を使って一通推薦状を書く。

昼食は久々に赤門前のインドカレー屋に行った。昼食後は ? くんと @ くんと数時間議論する。

数日前に ! くんがくれた議論のメールに返信を書いたら、薄暮の東京の町を家まで自転車で戻る。

家にかえって娘の保育園の様子をきいたら、クラスの皆で外を歩いている途中、半分くらい来た所で、もう歩くのが疲れた、と先生に訴えはじめたところ、通りがかった優しいおばあさんが一緒に手を握って歩いてくださったそうである。


Oct 1 00:18, Tokyo

今朝は小雨。僕は娘を連れて水族館へ行く。

普段は産まれたばかりの息子と比較しているから娘は随分おねえさんかなあと思っていたが、水族館に来ている周りの子供たちと比べると当然ながら随分幼いものだ。昼食後眠くなって、何を考えたのか水族館の床をハイハイを始めたのには弱った。

家への帰り道で一瞬寝るが、家に戻ったところで起きる。家でしばらく遊んだのち、奥さんが娘をベビーカーに乗せてスーパーに買い物に一緒に連れてゆく。戻ってくる途中で娘はまたすこし寝るが、家に戻ったところでまた起きる。寝起きでご機嫌が悪い為、僕はもう一度小雨の中娘のベビーカーを押してあたりを散歩することにした。再度戻ってきた頃にはご機嫌も快復して、あとは何とかなった。

夜になって風雨が強くなる。